国際MRA対応認定事業者の申込み

国際MRA対応認定事業者
国際MRA対応認定事業者には、定期検査を受審し、定期的に技能試験に参加することが求められます。これらの定期検査や技能試験は、登録された校正手法の区分数や参照値のための校正費用などに基づいて実費ベースで試算した料金をお支払いいただく有料サービスとなります。
認定国際基準に対応する事業者の申込み
登録事業者及び申請事業者は、国際MRA対応認定事業者となるための申込みをすることができます。この申込みは一度行っていただくことで申込み内容に変更がない限り年度毎に申込む必要はありません。申込みは原則、登録を受けている又は受けようとしている範囲のすべてについて行ってください。ただし、希望がある場合には、一部の範囲についてのみ申し込むことも可能です。
なお、申込みを希望される標準物質の生産者にあっては、「JCSS登録の一般要求事項」に規定のとおり、ISO Guide 34*7の要求事項を満足しなければなりません。
この申込みによる契約を行うことで申込みをした範囲については、認定国際基準に対応する資格を有することが宣言できます。
認定国際基準に対応することを希望する事業所は、事業所ごとに様式1(1通)の申込書により、申込みを行ってください。